アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(ATWS)北海道/日本」キックオフ・シンポジウム」で基調講演を行いました

112

イベント名称:「アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(ATWS)北海道/日本」キックオフ・シンポジウム

開催日時:2021年9月8日(水) 13:55-14:30

場所:オンライン開催(プラットフォームはEventtia、YouTube)

主催:北海道、(公社)北海道観光振興機構

基調講演テーマ:持続可能な観光とアドベンチャーツーリズム

参加者数:513名(主に地方自治体、DMO、観光協会から参加)

2021年9月20日から24日に開催の第7回アドベンチャートラベルワールドサミット(ATWS)を前に、2021年9月8日に北海道と北海道観光振興機構主催によるキックオフ・シンポジウム「ATWS北海道/日本」が開催されました。日本が世界に誇るアドベンチャートラベルの魅力的な経験を紹介する機会となりました。

本シンポジウムは、北海道経済部観光振興監の山崎雅生氏による開会あいさつで始まり、ATWS2021北海道実行委員会事務局長の中島竜雄氏によるATWSの紹介がありました。続いて国連世界観光機関(UNWTO) 本部 プログラムオフィサーであるオリアンヌ・デリア―氏は「UNWTOとアドベンチャーツーリズムにおける持続可能な観光の概略」について基調講演を行いました。

内容は以下の通りです。

  • UNWTO駐日事務所の紹介と、SDGs達成に向けた観光の重要性
  • 新型コロナウイルス感染症における国際観光の現状
  • 持続可能な観光とアドベンチャーツーリズム:定義、特徴、COVID-19における傾向
  • 新型コロナウイルス感染症からの観光セクターの持続可能な回復に向けたUNWTOの取組と活動
  • 持続可能な観光と新型コロナウイルス感染症に関するUNWTOのリソース

基調講演の後、東北観光振興機構、長野県観光機構、四国ツーリズム創造機構、九州観光推進機構、中央日本総合観光機構による発表があり、最後に「アドベンチャートラベル市場拡大に必要なことは何か」というテーマの下、官民からのアドベンチャー・ツーリズム関係者によるパネルディスカッションと質疑応答が実施されました。

本シンポジウムには、政府、DMO、観光局、民間部門の観光関係者(宿泊施設、旅行業者、ガイド、等)、その他アドベンチャートラベルのパートナー等、計513名が参加しました。

※アドベンチャートラベルワールドサミット(ATWS)は アドベンチャートラベル・トレード・アソシエーションが毎年開催するイベントで、世界中のアドベンチャートラベルの関係者が一堂に会し、アドベンチャー・デスティネーションについて語り、学び、楽しむ機会です。観光局や観光関連事業者、ライター、インフルエンサー等が参加しています。北海道は、スウェーデン(2019)、トスカーナ (2018)、アルゼンチン(2017)、アラスカ(2016)、チリ(2015)、アイルランド(2014)に続いて、本イベントを開催する第7番目のデスティネーションとなりました。新型コロナウイルス感染症のため、今回のATWSはオンライン開催となりました。

関連ウェブサイト:

NPO法人 コンベンション札幌ネットワーク様のwebサイトに移動します。