奈良県立国際高等学校「グローバル探求Ⅰ」において講義を行いました。

81

日  時:2020年11月6日(金)14時~15時30分

場  所:奈良県立国際高等学校

テ ー マ :グローバル探究における「持続可能な観光」について

参加人数:13人(「持続可能な観光」ゼミの受講の1年生)

UNWTO駐日事務所は、奈良県立国際高等学校「グローバル探求Ⅰ」において、「持続可能な観光」をテーマとして講義、グループワークを行いました。

当事務所からの講義の後、グループワークでは、奈良を訪問する観光客に気を付けてもらいたい項目について生徒同士が意見交換を行い、最後に発表しました。

〇第1部:UNWTOについて/持続可能な開発目標(SDGs)への UNWTO の取組

・UNWTO本部や駐日事務所の組織・取組について説明

・観光がなぜ重要であるのかについてSDGsを交えて紹介

・パプアニューギニアにおける観光を通した文化保護の取組

・観光振興の課題(オーバーツーリズム)や近年の世界における観光政策の潮流について説明

〇第2部:国際観光の動向と新型コロナウイルス感染症に対するUNWTO の取組
     /観光と地域振興

・新型コロナウイルス感染症による影響や現在の国際観光の動向、今後の観光客数の見直し
 (シナリオ)を概説

・地域振興に向けて、いかに地域のブランド力を構築するかについて紹介。観光と地域振興の可能性に
 ついて考察

〇グループワーク:「責任ある旅行者になるためのヒント」奈良バージョンを作成しよう!!

【テーマ】
・①皆さんが住んでいる奈良に今後も観光客迎えるに当たり、旅行者はどのようなことに気をつけるべ
 きだと思いますか?

・②また、そのヒントはSDGsのどの目標に関連していると思いますか?

講義を受け、生徒の皆さんには世界の観光動向や地域の持続可能な観光の在り方について学びを深めていただきました。グループワークでは、奈良の天然記念物である鹿を大切に扱うことや、マスクを着用するなど、地元奈良における持続可能な観光の在り方について活発に意見交換を行い、SDGsの目標との関係性についても懸命に考えました。

講義の様子①
講義の様子②
講義の様子③
グループワークの様子