持続可能な観光地域経営の推進に
関するシンポジウム

458

※UNWTO駐日事務所、観光庁、(一財)運輸総合研究所主催

【日 時】2020年12月21日(月)13:30~16:30(180分)

【場 所】ベルサール御成門タワー(東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー3F) 
     ※オンライン併用

【テーマ】持続可能な観光地域経営の推進

【講 師】観光庁、UNWTO本部、UNWTO駐日事務所、地方自治体等(調整中)

【目 的】

近年、観光客の増加に伴い、地域社会や環境への負荷が増大しており、これらの課題に対応するためには、観光振興と地域の持続可能な発展とのバランスを考慮した持続可能な観光の推進による観光政策の質的転換が求められています。

我が国でも、観光庁は持続可能な観光に向けた取組を本格化し、2020年6月に「日本版持続可能な観光ガイドライン」を策定して複数地域でモデル事業を実施しています。また、UNWTO駐日事務所及び(一財)運輸総合研究所は、「持続可能な観光地域経営の推進に関する調査研究」を共同で実施しています。つきましては、持続可能な観光について、更なる日本における関係者の周知啓発を図るべく、新型コロナウイルス感染症による影響からの回復等も踏まえた持続可能な観光地域経営の世界的潮流、観光庁や先進地域の取組について情報共有することを目的としたシンポジウムを観光庁、UNWTO駐日事務所及び(一財)運輸総合研究所の共催にて開催します。

【プログラム(予定)】

〇主催者冒頭挨拶:(一財)運輸総合研究所 宿利正史会長

〇基調講演1:観光庁 蒲生篤実長官(予定)
       ・(指標を使った観光地域経営を行う意義、観光庁モデル事業の説明等)

〇基調講演2:UNWTO本部持続可能な観光部 ダーク・グラッサー部長(予定)
       ・(仮題)「INSTOの概要・効果、ウィズコロナにおいて求められる取組等」

〇説明1:持続可能な観光地域経営の推進に関する調査検討委員会事務局
     ・「持続可能な観光地域経営の推進に関する手引書骨子の説明」

【休憩】

〇説明2:UNWTO駐日事務所 鈴木宏子副代表
     ・「日本における持続可能な観光地域経営の推進に関する現状と課題
                     ~自治体へのヒアリング調査より~」

〇事例発表:自治体から2地域

〇パネルディスカッション:UNWTO駐日事務所 本保代表、自治体、観光庁担当課長等
             モデレーター、総括説明:(一財)運輸総合研究所 山内所長

〇主催者閉会挨拶:UNWTO駐日事務所 本保芳明代表

【申 込】以下「イベント申込」からお申し込み下さい。