(イベントは終了しました)持続可能な観光地域経営の推進に関するシンポジウム

3730

※国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所、観光庁、(一財)運輸総合研究所主催
※参加無料

【日 時】2020年12月21日(月)13:30~16:30(180分)

【場 所】ベルサール御成門タワー(東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー3F) 
     ※オンライン併用

【テーマ】持続可能な観光地域経営の推進

【講 師】観光庁、UNWTO本部、UNWTO駐日事務所、地方自治体等

【目 的】

近年、観光客の増加に伴い、地域社会や環境への負荷が増大しており、これらの課題に対応するためには、観光振興と地域の持続可能な発展とのバランスを考慮した持続可能な観光の推進へと観光政策を質的に転換することが求められています。

本シンポジウムにおいては、新型コロナウイルス感染症による影響からの回復等も踏まえた持続可能な観光地域経営の世界的潮流や観光庁、先進地域の取組について紹介・考察します。

【プログラム】

〇挨   拶:(一財)運輸総合研究所 会長 宿利正史

〇基調講演1:観光庁 長官 蒲生篤実(予定)
       ・「持続可能な観光地域経営の推進に向けた観光庁の取組」

〇基調講演2:UNWTO本部 持続可能な観光部 部長 ダーク・グラッサー
       (※ビデオレター)
       ・「地域におけるエビデンスベースの持続可能な観光の推進
         INSTO(持続可能な観光地域経営推進国際ネットワーク)の役割」

〇取組事例1:持続可能な観光地域経営の推進に関する調査検討委員会事務局
       (一財)運輸総合研究所 主任研究員 齋藤 悠
       ・ 「持続可能な観光地域経営の推進に関する手引書の作成について」

〇取組事例2:UNWTO駐日事務所 副代表 鈴木宏子
       ・「日本における持続可能な観光地域経営の推進に関する現状と課題~アンケート
         ・ヒアリング調査より~」

〇取組事例3 地方自治体事例発表
       岩手県釜石市 株式会社かまいしDMC旅行マーケティング事業部
               サステイナブルツーリズム推進担当 久保 竜太

       京都府京都市 観光戦略担当部長 北川 健司

【休  憩】

〇パネルディスカッション:UNWTO駐日事務所、観光庁、事例発表自治体
             総括・モデレーター:(一財)運輸総合研究所 所長 山内弘隆

〇 閉会挨拶 :UNWTO駐日事務所 代表 本保芳明

【定  員】会場:150名程度(※定員オーバーの場合は、抽選)、オンライン:定員なし

【申  込】以下「イベント申込」からお申し込み下さい。

【申込締切】お申し込みは終了しました。(12/16)

【お問い合わせ先】 国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所
          夏秋、西原
          TEL:0742-30-3880
          FAX:0742-30-3883
          E-mail:knishihara@unwto-ap.org

【イベント申込】こちらの外部リンクからお申し込みください。
        https://www.event-form.jp/event/12246/symposium1221

プログラム等詳細はご案内チラシをご覧ください。

プレスリリースはこちらをご覧ください。