menu

UNWTO/UNESCO 観光と文化をテーマとした国際会議 プレシンポジウム 報告

2019年に京都市にて開催予定の第4回「UNWTO/UNESCO 観光と文化をテーマとした国際会議」のPRイベントとして、当センターは京都市と共催で、「ツーリズムEXPOジャパン(TEJ)2018」において、9月21日にプレシンポジウムを開催し、約210名の参加がありました。

プレシンポジウムでは、ポロリカシュヴィリUNWTO事務局長が開会挨拶を行い、「観光が急速に発展する中で文化・自然資源や地域社会の福祉を保護する責任は増している」、「文化観光を象徴する都市である京都は、本会議を開催するのに非常に適した都市である」等、2019年京都会議に対する期待を表しました。

また、門川京都市長から「京都市の観光と文化に対する取り組みについて」、髙科観光庁審議官から「観光先進国に向けた取組」、内藤文化庁審議官から「文化庁の京都移転と新・文化庁の取組」、アトキンソン・デービッド・マーク(株)小西美術工藝社代表取締役社長から「持続可能な観光を実現するために望ましい観光と文化の関係性」についての発表がありました。

続くパネル・ディスカッションにおいては、多様な文化の継承と持続可能な社会に向けた観光の果たす役割について議論が行われました。最後に、本保UNWTO駐日事務所代表から、「2019年京都会議においては、議論に終わることなく、我が国における観光と文化の理想的なパートナーシップ、行動規範づくりのきっかけ、スタート地点となり、国際的にも貢献して行けるようになることを強く願っている。」との期待が述べられました。

 

APTEC News Letter2

会議の様子
会議の様子

  • 2018年11月1日
  • 未分類
  •   no tag
  • UNWTO/UNESCO 観光と文化をテーマとした国際会議 プレシンポジウム 報告 はコメントを受け付けていません。