10月2018

シンポジウム「メガイベントを通じた観光振興・地域活性化」報告

9月25日(火)に大阪府立国際会議所(グランキューブ大阪)おいて、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所とAPTECが共催し、メガイベントと観光をテーマにしたシンポジウムを開催いたしました。当日のシンポジウムには、関西における観光関連団体や企業だけでなく、自治体や学術研究機関など幅広い方面から121名の参加がありました。

今回のシンポジウムは、2019年から3年連続でスポーツメガイベントの開催が日本国内で続き、

また2025年の万博を大阪が誘致するなど機運が高まっている中で、それらのメガイベントを観光地としての知名度・ブランド力の向上に結び付けることによってレガシーとし、それをどのようにその後の観光振興や地域活性化に繋げていくかといった課題について、国内における其々の関係者にこのシンポジウムを通じて考える機会を与え、今後の事業活動に繋げてもらいたいと企画されたものです。

会の冒頭、APTEC 尾崎会長より開会の挨拶があり、その後にUNWTOポロリカシュヴィリ事務局長および近畿運輸局八木局長より来賓挨拶をいただきました。ポロリカシュヴィリ事務局長は今回が就任後初めての来日であり、前週に開催されたツーリズムEXPOジャパン(@東京ビッグサイト)出席からの過密な日本滞在スケジュールの中、今回のシンポジウムにおける登壇が実現いたしました。

次に、UNWTOの専門アドバイザーである亀山秀一氏による基調報告がありました。亀山氏は、スポーツやメガイベントと関連する観光についての調査研究をUNWTO本部で専門に行っていますが、今回の基調報告では、昨年に刊行したレポート「Maximizing the Benefits of Mega Events for Tourism Development」(メガイベントを観光振興に最大限活用するために)に記載されている「5つの分野・21の視点」に関して、2000年以降に開催された主なメガイベントの開催国・開催都市がそれぞれどのような施策を行ったのかの具体的な事例紹介を含めて案内をいたしました。

その後、国内におけるメガイベントと観光の分野のリーダー的な方々を4名招き、其々下記のテーマで講演を行っていただきました。それらの講演の中では、メガイベントが観光振興・地域活性化に果たす役割、レガシーの実現に向けての取り組み等の事例とともに、今後のメガイベントにおいて活用されると思われるテクノロジーについても紹介がありました。

講演1 メガイベントを活用した観光振興レガシー
講演者:日本スポーツツーリズム推進機構会長・早稲田大学 教授 原田 宗彦氏

講演2 メガイベントを関西の観光振興に活かす
講演者:関西観光本部 理事・事務局長   森 健夫氏

講演3 観光振興へのイノベーション、テクノロジーの活用
講演者:(株)マーケティング・ボイス 代表取締役  鶴本 浩司氏

講演4 観光による地域活性化の鍵
講演者:(株)JTB 執行役員 法人事業本部スポーツビジネス推進担当 青木 尚二氏

IMG_5087 DSC_2270
セミナーの様子         UNWTO事務局長 ズラブ・ポロリカシュヴィリ