10月2018

JICA課題別研修において講演しました

日 時:2018年10月15日 (月)
場 所:国際協力機構関西センター(JICA関西)
テーマ:世界遺産の適切な管理を通じた観光振興
参加者:アルメニア、ドミニカ共和国、ヨルダン、ラオス、ミャンマー、エジプト、マレーシア、メキシコ、ペルー、フィリピン、スリランカから13名

JICA課題別研修「世界遺産の適切な管理を通じた観光振興」において「観光開発を通した世界遺産登録地域の適切な管理」をテーマにUNWTOの駐日事務所の活動紹介や観光と世界遺産の関係について講演を行いました。持続可能な観光振興の取組の良い例として、観光客が守らなければならない項目を示したカンボジアのアンコールワット寺院行動規範(Angkor Wat code of conduct)について紹介したところ参加者は大きな関心を示しておられました。また講演の最後に、観光を通した持続可能な開発目標(SDGs)に取組みを世界に発信するポータルサイト(Tourism for SDGs)を紹介しました。 Tourism for SDGs http://tourism4sdgs.org

 

 

奈良市立一条高校で特別授業をしました

日 時:2018年10月11日 (木)
場 所:奈良市立一条高校
テーマ:UNWTOの活動と持続可能な観光・日本の観光動向
参加者:人文学科 1年生 40名

一条高校での講演は今年で5年目になります。人文学科 1年生「総合文化研究」の授業の一環として前半は講演、後半はワークショップ形式ですすめさせていただきました。
ワークショップでは4人1組で「観光が世界の問題に対してどのように貢献することができるか」について意見交換し、またそれがどの持続可能な開発目標(SDGs)の目標に合致するのかについて考えました。その中には、飲食店での残り物を冷凍保存して、食糧不足の地域に提供する(2.飢餓をゼロに)、奈良の新しい食の文化と産業を創り広める(8.働きがいも、経済成長も。9.産業と技術革新の基盤をつくろう。17.パートナーシップで目標を達成しよう)、負の遺産を人に伝える(16.平和と公正をすべての人に)等、様々なアイデアが集まりました。SDGsについて初めて知った生徒さんもたくさんいるなかで、目標を達成するための具体例を、一人一人が懸命に考えました。

2写真
授業の様子


グループワークの様子

「観光と持続可能な開発目標」のリーフレットはこちらからダウンロードいただけます。