1月2018

2017年の国際観光実績:過去7年で最高に

こちらからご覧ください。

UNWTO本部 新事務局長が就任しました。

スラブ ポロリカシュヴィリ事務局長 新年挨拶

PR No.: PR201801
2018年1月2日

2018年から2021年までの任期で、国連世界観光機関(UNWTO)事務局長に就任いたしましたことを謹んでご報告申し上げます。
ここに、UNWTOをこれまで以上に観光部門、UNWTO加盟国そして人々に恩恵を与える組織にするという私の強いコミットメントを表明します。
観光は人々によって成り立つ産業です。世界の10人に1人は直接的または間接的に観光により職を得ています。私たちの責務は、観光の恩恵がありとあらゆる地域に届くことを目指すものであり、誰ひとり取り残さないということです。
観光の持続的な成長は、経済的福祉および経済発展に計り知れない機会をもたらします。しかしその反面、多くの困難をもたらすこともあります。観光部門が、安心・安全のへの課題および市場の絶え間ない変化、デジタル化および自然資源の限界に対して適応していくことは、わたしたちの行動基準として最も優先されるべきです。
私たちが世界共通の17項目の目標「持続可能な開発目標(SDGs)」を手に、未来へ歩んでいくなかで、私はUNWTOにおいて公共および民間部門との連携構築を重視し、世界の人々に対する雇用および様々な機会の促進、技術と革新における専門性、持続可能性の推進および気候変動の防止に積極的に努めて参ります。
私は、世界中の加盟国およびパートナーのみなさんと連携し、世界の人々に恩恵をもたらせるよう、より競争力があり責任のある観光部門を創っていくことができるものと信じています。
みなさまの2018年のご多幸を祈念して。

UNWTO事務局長
スラブ ポロリカシュヴィリ

Mr. Zurab Pololikashvili

挨拶の原文はこちらをご覧ください。

2017年10月までの国際観光の成長は 南・地中海ヨーロッパ、北アフリカおよび中東が牽引

こちらをご覧ください。