2016年前半の国際観光客到着数は4%増加

こちらをご覧ください。

「ツーリズムEXPOジャパン2016」にタレブ・リファイ事務局長来日

 2016922日~25日、ベルサール東京日本橋及び東京ビッグサイトで開催されたJATAツーリズムEXPOジャパン2016JATA(日本旅行業協会)、日本観光振興協会及びJNTO(日本政府観光局)の共催)には185,800人、日本橋で開催されたジャパンナイトには15,200人の来場者がありました。タレブ・リファイ国連世界観光機関(UNWTO事務局長はツーリズムEXPOジャパン2016に出席のため来日しました。

 同事務局長は、翌日2213時から開催された開会式に出席しテープカットに参加するとともに、続けて「輝き続ける日本、そして世界-インバウンド4000万人時代の交流大国をめざして」をテーマに開催された「グローバル観光フォーラム」において基調講演を行い、来年が「開発のための持続可能な観光の国際年」であり、ツーリズム産業の成長と共に責任が生まれ、責任があるからこそ、持続観光な観光が重要であり、観光産業全体で取り組むべきだと言及しました。その後、デイビッド・スコーシルWTTC(世界ツーリズム協議会)会長、田川博己JATA会長とともに基調シンポジウムのパネリストとして参加し、旅行の安全と安心のためグローバルな危機管理の重要性に関して言及しました。また、本シンポジウムにおいて本保芳明UNWTOアジア太平洋センター代表がモデレーターとして登壇しました。

同事務局長は昨年から創設されたJATAツーリズムアワードの授賞式において、KNT-CTホールディングスに「UNWTO部門賞」を授与しました。UNWTO部門賞は世界倫理憲章の趣旨に沿って優れた取組を実践している企業・団体に授与されるものであり、同社は長年にわたる教育旅行、ユニバーサルツーリズムや環境保全活動等の持続可能な取り組みが評価されました。その後、同事務局長はベルサール東京日本橋で開催されたジャパンナイトのオープニングにも参加、日本及び各国の来賓との交流を深めました。

 923日には、同事務局長は東京ビッグサイトで開催されたツーリズムEXPOジャパン2016の展示会場の視察を行いました。タイ国、バングラディシュ、東北観光推進機構、エキスポタワー、ヨルダン、Meet the World及びスペイン等のブースを訪れました。タイ国のブースにおいては、タナサック・パティマプラゴーンタイ王国副首相及びコープガーン・ワッタナワラーングーン観光・スポーツ大臣と懇談の機会を持ち、東北観光推進機構のブースでは日本酒の試飲し、最後にEXPOの運営事務室を訪れ運営スタッフに激励の言葉をかけました。

 視察後、ベトナムダナン市で開催される「UNWTOスポーツ・ツーリズムに関する会議」出席のため成田国際空港より離日しました。

 同日、アジアの観光産業のリーダーが集い観光戦略などについて討議する「グローバル・ツーリズム・リーダーズ・フォーラム」が開催されました、本年から3ヵ年のテーマとして「持続観光な観光開発~アジアが世界をリードする~」をあげ、1年目のとなる今回のテーマは、2020年東京オリンピックを控え「MICE &Spots」をテーマに討議されました。

 フォーラムの最後に、田川博己ツーリズムEXPOジャパン実行委員長、マリオ・ハーディ―太平洋アジア観光協会(PATA)CEOと共に、福田純一UNWTOアジア太平洋センター副代表が「東京宣言2016」の調印式に登壇しました。同宣言では、持続可能な観光振興は世界において重要な政策であり、アジアが世界の観光をリードし、MICEにおける質的向上及びスポーツイベントへの交流人口の拡大を確認し、これらのことを認識し相互に情報やノウハウを共有し、その実践により持続可能なアジアの観光の未来に貢献することを発信しました。

 また、自治体担当者や旅行会社等約280名が参加した国内観光シンポジウムにおいて、UNWTO本部よりヨランダ・ペルドモ アフィリエイトメンバー部部長が「ガストロミー・ツーリズム」に関して基調講演を行いました。シンポジウムは「ガストロノミーツーリズムで地域を元気に」のテーマで討議されました。

1sgkeynote

国連世界観光機関(UNWTO)タレブ・リファイ事務局長        「グローバル観光フォーラム」にて基調講演 

2sgbigsight

 ツーリズムEXPOジャパン会場                                                    タナサック・パティマプラゴーンタイ王国副首相                    コープガーン・ワッタナワラーングーン観光・スポーツ大臣                 タレブ・リファイ事務局長長                             

3sgtourism-day

ツーリズムEXPOジャパン会場                                         「世界観光の日(927日)」ポスター前にて、タレブ・リファイ事務局長 

        

4atlf

アジア・ツーリズム・リーダーズ・フォーラム                           「東京宣言2016」調印式                                        福田純一UNWTOアジア太平洋センター副代表

5-yolanda

国内観光シンポジウム                                                                        「ガストロノミーツーリズムで地域を元気に」                                                                                                                     ヨランダ・ペルドモUNWTOアフィリエイトメンバー部部長

 

 

 

広島修道大学法学部の学生が来所されました

2016年9月14日、 井上実佳准教授とゼミ生(国際政治学科)三回生7名が国際観光に関する勉強のため当センターを訪問されました。
まずUNWTOアジア太平洋センターから当センターの概要と主な活動等を説明し、その後、学生の皆さんから出された各自の研究に関連した観光分野の質問に対し、当センターが回答を行いました。

質問では観光分野の発展に関する課題に多くの関心が寄せられ、当センターが2015年2月に発行した、「東南アジアにおける持続可能なクルーズ観光開発の戦略」を例に開発とその課題について回答しました。学生の皆さんは当センターの回答からそれぞれの課題について、解決の事例あるいはさらなる研究への道筋を見出した様でした。

%e5%ba%83%e5%b3%b6%e4%bf%ae%e9%81%93%e5%a4%a7%e5%ad%a62 %e5%ba%83%e5%b3%b6%e4%bf%ae%e9%81%93%e5%a4%a7%e5%ad%a61

Tourism Highlights (ツーリズム・ハイライト)2016 日本語版を発行しました

国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センターはこのほど、過去1年間の観光統計データを基に、国際観光の概要を紹介する冊子「UNWTO Tourism Highlights (ツーリズム・ハイライト) 2016年」の日本語版を発表しました。今号は、2016年7月までの各国各地域及び国際機関からの報告内容を反映したものです。

主な内容は以下の通り
○国際観光における年間の主な動向
○国際観光客到着数(実績)
○国際観光収入(実績)
○旅行目的地世界上位国・国際観光収入上位国(10位まで)
○地域別実績と主な要因(ヨーロッパ、アジア・太平洋、米州、アフリカ、中東)
○国際観光客送客数及び国際観光支出上位国 (10位まで)
○Tourism Towards 2030 における長期的な見通し

…………………………………………………………………………………………………

日本語版はこちらから 
英語版はこちらから
なお、最近の短期的動向については「UNWTO世界観光指標(UNWTO World Tourism Barometer)」をご利用ください。

 

(お問い合わせ先)
一般財団法人アジア太平洋観光交流センター
(国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センター)
担当: 藤永  吉田
電話:0742-30-3880 Fax:0742-30-3883
UNWTO日本語版E-mail: info@unwto-ap.org

UNWTO本部(マドリッド)を訪問

2016年9月1~2日にUNWTO本部(マドリッド)を訪問し、UNWTOシニアスタッフミーティングに出席しました。同ミーティングはUNWTOの各部署の責任者が集まり、次年度の事業計画の策定に向けた検討の場として開催しているもので、事業の目的、重点事項の確認を行うと共に、財務、総務からの年次予算、各部署から事業計画の説明等がありました。UNWTOの地域事務所である当センターは来年度のUNWTO本部の活動方針を概観すると共に、当センターが検討している事業について報告を行いました。 UNWTO来年の事業の柱として3つ挙げている。

UNWTO来年の事業の柱として3つ挙げている。

  1. 安心で円滑な観光(Safe, Security and Friendly)
  2. 技術を生かした観光(Impact of Technology)
  3. 国連の持続可能な観光開発の国際年の推進(Sustainability)

同ミーティングの前に当センターを管轄するアジア太平洋部とミーティングを持ち今後の当センターの事業の方向性及び連携について話し合いの場を持つとともに関係部署を訪問し関係を深めることが出来ました。当センターは今後ともUNWTO本部及び政府並びに民間各機関との密接な連携のもと事業を推進していきたいと考えています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UNWTO本部シニアスタッフミーティングの様子

 

 

 

2016年1~4月の国際観光はUNWTO年間予測平均率を上回る勢いで成長が継続

こちらをご覧ください。

 

奈良女子大学で特別講演を行いました。

7月12日(火)奈良女子大学でアジア太平洋センターが同大学の「HAHOROBAサマープロジェクト」に参加する交換留学生11名に対し、UNWTOの活動及び役割ついて特別授業を行いました。

観光は世界の11人の1人の雇用を生み出し、全サービス輸出の30%を占め、今後も著しく成長する部門であることを示すとともに、UNWTOが推進する持続可能性な観光(環境への配慮、文化・自然遺産の保全、受入れ地域における経済的恩恵)について説明しました。また最後に生徒達はUNWTOツーリズムハイライト参照しながらアジア太平洋地域の観光について考え最後に一人づつ発表をしました。

 

HP

奈良県郡山高等学校と奈良市立一条高等学校で特別授業を行いました。

     6月22日、奈良県郡山高等学校のキャリア教育「Professionalsに学ぶ」において20名の生徒に対し、国連世界観光機関(UNWTO)の概要及びUNWTOアジア太平洋センターでの仕事の内容、やりがい、働くことの意義等について説明をしました。質疑応答では「将来国連職員に将来なるために今何をすべきか」、「大学で海外留学を考えているが、どのような目的を持つべきか」等、具体的な質問があり、生徒達は熱心に耳を傾けていました。

   後半は体験学習として観光をキーワードにマッピング技法を使ったブレーンストーミングを行いました。UNWTOが2030年に世界の観光客が18億人に上ることを予想していることから、観光によるプラスの効果とマイナスの影響またその解決策について全員で考え、最後に各チームの代表が発表をおこないました。

 続いて6月28日に奈良市立一条高等学校の「総合文化研究」の一環として39名の生徒に対し、前半は世界の観光動向、UNWTOの概要及びその役割について特別授業を行いました。後半は世界観光倫理憲章を参考にしながら、観光をキーワードにブレーンストーミングを行いました。観光の成長は経済発展を促し、雇用を創出する重要な産業と位置づけられる中、環境への問題や遺産の保護など、観光の開発とともに考えなければいけない点について皆で意見を出し合い、最後に各チームの代表が発表を行いました。

(写真)一条高校の様子

P1070122 P1070125 P1070130

 

観光と技術に関する国際会議を実施しました

国連世界観光機関(UNWTO)は国土交通省観光庁とともに2016年6月2日になら100年会館において「観光と技術に関する国際会議」を奈良県の協力のもと開催し、観光目的地における新たな技術利用の可能性や課題及び期待される技術革新等について議論を行いました。国内及び世界の26カ国から400名以上が参加しました。

国連世界観光機関(UNWTO)のタレブリファイ事務局長は開会挨拶において技術で観光をより良い産業にするために「1.人々がより安全に旅行ができるように管理すること、2.観光目的地の質及び競争力を上げていくこと、3.文化・自然を保護することで地元地域を維持し、雇用を創出すること。」と述べ、「技術は新たな時代を生み出すが、持続可能性がキーとなる。2017年が国連の持続可能な観光年にあたるが、観光に携わる人々はこの世界をより良い世界にしていく役目がある。」と続けました。

主な議題:

・マーケティングにおける新技術の効果的な活用
・産業界の業績向上を図るテクノロジー
・より効率的な移動及びプロセスを通して、より旅をよりアクセスしやすいものにする。 旅行中及び目的地での観光客の満足度の向上

プログラムはこちらから

プレスリリース(英)
http://media.unwto.org/press-release/2016-06-09/unwto-addresses-impact-new-technologies-tourism-sector-japan

観光と技術に関する国際会議 ウェブサイト
http://asiapacific.unwto.org/event/28th-joint-meeting-unwto-commission-east-asia-and-pacific-and-unwto-commission-south-asia-unwt

2015年の国際観光による輸出収入は4%増加

詳細はこちらをご覧ください。