第3回UNWTOシルクロード大臣会合開催とアジア太平洋地域加盟国への「海のシルクロード」プロジェクト説明について

2013年3月6日 ドイツのITBベルリンにおいてUNWTO第3回シルクロード大臣会合が開催されました。22の参加国が集まり、日本からは国土交通省観光庁志村次長と当センターの堀江副代表が参加しました。
基調講演は
・Tim Williams氏(ロンドン大学)「シルクロード遺産の研究」
・UNWTO・シルクロード部長 Alla氏 2012年の活動実績及び2013年の計画
この中でAlla氏は当センターが「海のシルクロード」に取り組んでいることを紹介
ゲストプレゼンテーションは
・Peter Debrine氏(UNESCO)
「世界の文化遺産と観光事業が直面する挑戦」
世界遺産認定による観光への効果と保全について
・Ruth Parsons氏(NPO法人:CyArk ヨーロッパ)
「科学技術がこれからの世界遺産管理に果たせる役割」
・Amitava Bhattachary氏(NPO法人:Banlanatak)
無形文化財遺産の保護と観光収入確保への取り組み
続くディスカッションのなかでは、UNWTOメンバー国であるバングラデッシュから「海のシルクロード」についての意見や質問が出されました。
当センター堀江副代表が今後の進め方についてUNWTO本部と協調する形で取り組み、詳細については近いうちにウェブサイトで示したい、正式には4月のUNWTOアジア太平洋地域委員会(インド・ハイデラバード)で発表すると答えました。

翌7日開かれたツアーオペレーター会議(参加者50名)では、商品作り、価格設定、受入れ地の環境整備、観光従事者の教育・訓練の必要性などの意見が出されたほか、UNWTOによるビザ緩和への働きかけ要望が出されました。

これに先立ち今年2月に、当センター浅沼代表及び市川国際部長が「海のシルクロード」プロジェクトの構想説明とワーキングループへの参加要請のため、アジア太平洋地域の4カ国の観光関係のトップ及び責任者等を訪問しました。各国とも「海のシルクロード」への理解は深く、同プロジェクトへの熱い支持を表明しました。当センターは今後、UNWTOアジア太平洋地域の加盟国と共に、海をモチーフとした国際観光交流の活性化とこれを通しての平和促進のため中心的役割を果たして行きたいと考えております。

ファイル 48-1.jpg ファイル 48-2.jpg

加盟国数の変更のお知らせ

2013年2月現在、ラトビアが脱退した為、

UNWTOの加盟国は154カ国6地域となりました。

奈良移転記念講演会を開催しました

国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センター奈良移転記念講演会の開催

12月13日(木)14:30~16:30、UNWTOアジア太平洋センターの奈良移転を記念して、弊センター主催による「アジア太平洋地域における観光交流の一層の促進を目指して」をテーマとする講演会(外務省・観光庁・奈良県・奈良市後援)を奈良県新公会堂能楽ホールで開催致しました。

冒頭、浅沼唯明UNWTOアジア太平洋センター代表が「奈良はシルクロードの終着点と言われている。海のシルクロードプロジェクトに取組むのに地の利を得た場所である。」と開会挨拶を述べると、奈良県知事代理出席の久保田幸治奈良県観光局長は「UN(国連)とついた機関を誘致できる事は身の震える思いで奈良県民あげて喜んでいる。センターの誘致は意義があり、東アジアの観光が今後伸びて行く中で、事務所を構えていただくことは大歓迎である。今後、奈良がこの恩恵を発揮できるように共に頑張っていきたい。」と同センターの奈良移転を歓迎するとともに、同センターの今後の一層の活躍に期待を示された。同じく挨拶に立った井手憲文観光庁長官は「今回奈良に移転したアジア太平洋センターは、従来から「海のシルクロード事業」に取り組んで頂いているところです。シルクロードの東のターミナルである奈良への移転を契機に、こうした取組の強化はもとより、アジア太平洋域内各国の観光交流の拠点として、一層の活動に取り組んで頂くことを強く期待いたします。

 

私ども観光庁と致しましても、引き続き、UNWTOアジア太平洋センター及びUNWTO本部との協力関係を密にしていきたいと考えております。」と述べられました。 続いて小島誠二外務省特命全権大使(関西担当)は「アジア・太平洋地域は観光が大変な勢いで発展、拡大している。観光客は多様で観光は持つ意味が深いもの。観光の発展というものを政府としてもUNWTOとしても力を入れていってほしい。観光発展のために、アジア太平洋センターが大きな役割を果たすことを祈っている。」と述べられました。

 

講演に移り、UNWTO本部(在マドリッド)から来日したゾルタン・ソモギ上級部長から「アジア太平洋における調和された地域協力の必要性」について講演を行い、同13日は、UNWTOが国際観光客到着数10億人デ―として特記する日であり、1年間での国際観光収入は1兆米ドルに上ることを例にあげ、観光が経済に貢献している現状を説明しました。

続いて、石森秀三北海道大学観光学高等研究センター長が「東アジア観光共同体のすすめ」をテーマに話されました。226名の参加者は、それぞれ興味深い講演に熱心に耳を傾け、メモを取るなどしていました。

閉会に先立ち、仲川げん奈良市長からは、「特に東アジア地域において、国同士の領土問題が懸念されるが、トラブルをトラベルに変えて、ソフトパワーでいい方向で解決してゆきたい。奈良の街は1300年前に色々な国から生活様式、それぞれ国々の制度をお借りして礎を作ってきた。考え方の違いや宗教の違いを豊かさととらえてお互いに尊重する国をつくってゆく、その為の大きなきっかけとして観光は改めて重要性がある。奈良にUNWTOの拠点が来たが、奈良だけでなくアジア・太平洋の観光産業の発展、また観光産業をとおした平和の創造に、最大限の力を注ぎたいと思う。」と締めくくられました。

この講演を通して、聴講された多くの方々に、アジアにおける観光をテーマとする結束の必要性及び観光産業の重要性について理解を深めて頂きました。当センターの今後のテーマである「海のシルクロード」に相応しい奈良に移転したことを契機に、各機関、自治体等の皆様とも連携を取りながら、今、成長が目覚ましいアジア太平洋地域の国際観光の発展と国際交流の推進を目指してゆきたいと存じます。

オフィスが移転しました。

国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センターは、12月3日に下記の通り事務所を移転しました。
今後とも変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。
【新住所】
●移転先:
シルキア奈良
(JR奈良駅西口に隣接する「ホテル日航奈良」の2階。)

●新住所:
〒630-8122
奈良県奈良市三条本町8-1 シルキア奈良2F
TEL :0742-30-3880
FAX :0742-30-3883

E-mailおよびHPアドレスも新しくなりました。
E-mail:info@unwto-aptec.org
ホームページ:http://www.unwto-ap.org
【写真】
12月13日に
奈良県 荒井知事(左上)
観光庁 井手長官(右上)
また奈良市 仲川市長がお見えになられました。

【地図】
↓こちらのリンクをクリックしてください。

ファイル 45-1.jpg ファイル 45-2.jpg ファイル 45-3.jpg ファイル 45-4.jpg

UNWTO/PATA共催 第6回ツーリズムトレンド・アウトルック会議が開催されました

2012年10月11日~13日に中国・桂林にて、UNWTO/PATA共催 第6回ツーリズムトレンド・アウトルック会議が開催され、会場のシャングリラホテルには約300人の聴衆で埋まりました。

この会議の目的は、汎アジア太平洋地域を基盤とする、政策立案者、政府高官、研究者、業界の代表者が地域における動向を評価し、観光における潜在的効果をさらに理解する為の場を提供することにあり、6回目となる今回の会議では、観光政策、開発、実践のための協力やパートナーシップの効力について議論されました。

浅沼代表は今後のUNWTOアジア太平洋センターの取組みの一つである「海のシルクロード」プロジェクトの構想についてプレゼンテーションし、その意義について以下、5点を述べました。
①広大な地域を旅する
②悠久の歴史を旅する
③多様な民族との交流を図る
④多様な物資の流通を探る
⑤多様性の共存を考える

人、モノ、情報の移動・交流は人々に喜びを与え、また時には対立・紛争を引き起こしてきた。今日のグローバリズムが進展する中でかつて葛藤と融和を繰り返しつつ共存してきた地域から学ぶべきと提案しました。

また、海のシルクロードを世界の観光交流の道として機能させるためには、各国やユネスコをはじめ各機関との連帯が最重要であると、参加者に協力を呼びかけました。

さらに浅沼代表はUNWTOの目的は旅行を通じて各国が豊かになることや、相互に相手の国を理解することであると述べ、旅行を通じてGDPを増やし雇用の拡大等に寄与することが大変重要であると強調する一方、相手を理解し平和を追求することが今極めて重要なテーマであり、ユネスコ憲章にある「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と相通じるものであると述べました。

プレゼンテーションの終わりでは、中国の作家“魯迅(ロ・ジン)”が青年時代に日本の仙台で医学を学び、師や友人と友情を深めた経験に基づき、小説「藤野先生」を著している例をあげ、平和を追求するという観点から、青少年の交流=心の交流がより効果的であり、旅行業も「心の交流」の旅を目指したいと締めくくりました。参加者からは大きな賞賛がなされ、またインタビュー、質問も多数受け、講演は成功に終わりました。

ファイル 43-1.jpg ファイル 43-2.jpg

世界観光の日(World Tourism Day)

毎年9月27日は世界観光の日です。

今年のテーマは”ツーリズムと持続可能なエネルギー”

目的:国際社会における観光の重要性と、社会的、文化的、政治的そして経済的価値に対する認識を育成していくことにあります。また、国連ミレニアム開発目標における地球規模の問題に対する取組みを掲げ、観光業界がこれらの目標達成に向けて貢献していくことを強調しています。今年は、スペイン・グランカナリア島に、エナジー、航空、ホスピタリティー部門から観光分野における専門家が集まりツーリズムにおける持続可能なエネルギーについて議論します。

詳細はこちらをご覧ください。(英語)

http://wtd.unwto.org/en

「海のシルクロード」ポスター展 開催

(終了しました)

ヨーロッパとアジアの間は、古代から『シルクロード』で結ばれていて、絹、陶磁器、香料など、様々な物が交易されてきました。日本はその東端の地とされていますが、『シルクロード』は、草原や砂漠などの陸の道だけでなく、実は海の道もあり、ジャンク船やダウ船などを利用して交易が為されてきました。

私共は、この海の道を「海のシルクロード」と呼び、古代の人々が往来した国々に焦点を当て、この度、下記の通り、大阪天満橋、川の駅内、にぎわいXing(クロッシング)にて「海のシルクロード」ポスター展、を開催する運びとなりました。そこでは、関係各国等の観光ポスターを展示し、パンフレットも用意していますので、多くの皆様に「海のシルクロード」で繋がった世界に思いを馳せて頂けたら嬉しく思います。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

120926-3
120926-1

121926-2

 

1209236-4

「海のシルクロードの旅をつくる」をテーマにセミナーを実施

9月13日(金)、東京ビックサイト(東京都江東区)で開催されたJATA旅博2013おいて、当センターはUNWTOアジア太平洋センターをサポートした「海のシルクロードの旅をつくる」をテーマにセミナーが開催されました。

セミナーでは、旅行業界関係者等25名を対象に、デスティネーションとしてのエリアの魅力を様々な視点を持つプレゼンター(4名)から紹介しました。

各プレゼンテーションの概要:
横尾 堅示 氏 (NHK特集「海のシルクロード」取材班(当時))
1988年のNHK特集「海のシルクロード」取材班として、実際に地域を訪ね、自ら見聞した経験を当時放映された映像や様々な資料を用いてわかりやすく解説し、「海のシルクロード」の魅力は、大量のヒトとモノが移動したダイナミズムにあると指摘しました。また、同氏が近年再訪した中東やアジア各地での旅についても披露し、例えば大小3000を越える仏塔が広がるミャンマーのバガン遺跡について、同国が急速に成長し開発される中で、これらの貴重な資源や風景を保全していくことの重要性を指摘しました。

In Thoeun氏 (カンボジア観光省)
カンボジアと「海のシルクロード」とのゆかりを解説し、東南アジアと日本とのつながりにも言及、「じゃがいも」の由来がジャカルタであることや、「かぼちゃ」はカンボジアであること等わかりやすい事例を使って紹介しました。また、具体的な「海のシルクロード」の旅について、アンコールワット遺跡群等と共に、今後の開発が期待されるベイエリアについて提案しました。

Nguyen Thuong Quan氏 (ベトナム観光庁)
ベトナムのツーリズムに関係する様々なデータを用いて、今後は日本人の海外旅行先として同国を5位以内にしていきたいと力説し、「海のシルクロード」デスティネーションとしては、ハノイ、ホーチミンといった都市の魅力や世界自然遺産のハロン湾、同文化遺産のフエ、ホイアンを取り上げ、「海のシルクロード」プロジェクトへの期待を表しました。

大場 宏 氏 (スリランカ航空 旅客営業)
スリランカ・コロンボをハブに、モルディブや南インドなど「海のシルクロード」デスティネーション各地に就航するスリランカ航空の紹介と共に、これら各地の自然や文化、歴史などの魅力を長年にわたる知見を基に語りました。中でも、この地域特産の様々なスパイスをテーマにしたストーリー性のある旅をユーモアあふれる軽妙な語り口で提案し、会場を盛り上げました。

東日本大震災・観光復興国際シンポジウムを開催

UNWTO(世界観光機関)は、観光庁、外務省共催で、2011年10月5日宮城県仙台市の東北大学片平さくらホールにおいて、【東日本大震災・観光復興国際シンポジウム】を開催し、政府関係者、地方自治体、民間団体、観光業関係者、各国大使館、メディアなど各方面から多数の方が参加されました。

UNWTOのタレブ・リファイ事務局長は、10月8日から韓国でおこなわれるUNWTO第19回総会に合わせて、このシンポジウムに参加するため来日。同事務局長は開会挨拶のなかで、「UNWTO総会の前に被災地を訪れた事は、非常に重要であり、日本は安全、かつ観光に支障のないことを確認でき、このことを総会において世界各国からの代表者に伝えたい」と述べました。

講演では、UNWTO危機管理担当チーフのダーク・グレーサー氏が、大規模自然災害の国際観光への影響と観光振興について基調講演され、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のプレジデントでCEOでもあるデービッド・スコーシル氏が、「観光は日本における14の業種の1つであり、日本のGDPに対する観光のシェアは7%もある」と述べ、経済および雇用に対する貢献度をアピールしました。

また、被災地からのプレゼンテーションとして、岩手県、宮城県、福島県、青森県、秋田県、山形県の各県の観光関係の代表者もそれぞれ観光復興に向けた取り組みを発表されました。

同シンポジウムの締め括りのパネル討論会では、観光庁の山田審議官が司会を務められ、 スー・ジンUNWTOアジア太平洋地域部長、デービッド・スコーシル氏、神戸商科大学名誉教授・神戸復興塾塾長の小森星児氏、仙台市経済局国際経済・観光部国際プロモーション課プロモーション推進室長の伊勢文葉氏、 (社)いわき観光まちづくりビューロー会長の斎藤一彦氏が参加して、被災地及び日本の観光復興にむけた意見交換がなされました。

スー・ジン部長は、「災害は観光に大きな悪影響を与えるが、観光こそ経済的復興の有効な ツールである」ことを強調し、かつて自身が取組んだスマトラ沖地震の復興対策を例に挙げ、「風評被害を払拭するには、まずマスコミとのコミュニケーションが大切である」と述べました。

このシンポジウムは、このあとホテルメトロポリタン仙台における意見交換会の場へと移り、翌日には被災地の復興状況の視察が行われ、大変貴重で有意義な2日間となりま

玉川大学 浅沼理事長講演

2012年9月7日、東京・三田のオーストラリア大使館で 玉川大学フォーラム「グローバル時代における観光人材の育成」に当財団が支援する国連・世界観光機関アジア太平洋センターの浅沼唯明代表が「グローバル時代の人材に必要なもの」のテーマで講演を行った。 また、国連・世界観光機関アジア太平洋センターは、オーストラリア大使館、ビクトリア州政府、オーストラリア政府観光局、観光庁、と共に同フォーラムを後援した。

同フォーラムは、玉川大学が2013年 4月に観光学部観光学科開設予定を前に、実施されたもので、関係者挨拶に引き続き、浅沼代表を含む3名の講演がなされた。

まず、在大阪オーストラリア総領事Mr. Christopher Reesが豊富な日本駐在経験を踏まえて、オーストラリアの観光教育の現状、位置付けや日本観光の問題点などについて語った。これに続き、観光庁長官 井手憲文氏は主に日本の観光の現状、目標などについてデータに基づいた解説、講演をおこなった。

3番目の、浅沼代表による講演は、アジア太平洋センターの活動内容を紹介した後、人は「差異」を求めて「旅」をするのであり、とりわけ、これから観光に携わる人は、好奇心をベースにして、語学・インターネットに習熟し、旅行業知識はもちろん、歴史・風土を深く理解し、それらを各専門分野に活かすべきであり、また自国文化への矜持が必要だと結論付けた。

フォーラムには参加者は約200名参加し、成功に終わった。

アジア太平洋観光交流センターと国連世界観光機関アジア太平洋センターは、
教育、人材育成が観光分野において極めて重要なものと捉えており、今後とも 日本を含むアジア太平洋地区の観光教育ネットワークを形成、支援していきます。
42-2